« 自転車紹介1 BSトランジットコンパクト(TCP-12) 通称トラコン | トップページ | トラコン + 黄、白ツートン/サークルタイプ波形配列(日野市多摩平) »

2009/01/05

自転車紹介2 r&m BD-Frog 最後期モデル

090104frog

・2008年10月 トラコンの多段化などを相談しに和田サイクルに行くと、何と倉庫にフロッグが1台残っていたとの話。試乗させていただき、10分迷った末に購入を決める。Frogの新車はもうどこにも無いだろうとあきらめていた矢先の想定外な出来事でした。

・斜めにグニャっとよじれる感触のリアサスは最初は違和感があったがすぐ慣れる。遠くから見ると可愛く見えるが、実はかなり骨太な設計で10.5Kgの重量はBD-1と変わらない。12インチの小径車であることを忘れてしまう乗車ポジションと頑丈なフレームは流石ドイツの設計だ。

・購入後すぐにタイヤをシティジェットに換装。一時はサドルをグランジ・シンチサドルに取り替えていたが、サドルの前後長が長く、折畳サイズに影響するため当初の小さめのサドル(VERO製)に戻す。

・チェーンテンショナーとして付いているRDは、EPOCHという知らないメーカーのもの。テンショナーとしてのキャパ不足のためか、輪行後の展開時にチェーンが外れやすいのが欠点だ。軽量化と合わせて改善を検討中。

« 自転車紹介1 BSトランジットコンパクト(TCP-12) 通称トラコン | トップページ | トラコン + 黄、白ツートン/サークルタイプ波形配列(日野市多摩平) »

自転車紹介/変遷」カテゴリの記事

コメント

ほんと、和田サイクルらしい、いい話。
なーんて常連のお客さんみたいに言ってますが、上井草しか知らない和田サイビギナーです。

投稿: FrogBlock | 2009/01/07 01:00

和田サイクルの、その、テキトーさが好き。

投稿: | 2009/01/06 22:50

去年の夏も冬眠から覚めずに和田サイ倉庫の片隅に眠っていたカエルの様です。
そのカエルが和田さんに見つけられて起こされた日に偶然僕がお店を訪ねたんですよ。

投稿: FrogBlock | 2009/01/05 23:20

なぬっ、まだ新車のカエルが生存していたとは、驚き。

投稿: | 2009/01/05 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車紹介2 r&m BD-Frog 最後期モデル:

« 自転車紹介1 BSトランジットコンパクト(TCP-12) 通称トラコン | トップページ | トラコン + 黄、白ツートン/サークルタイプ波形配列(日野市多摩平) »